2021年3月4日木曜日

一里塚

 

事務所の昼休みに有志で句会を行いました。


俳句をつくったことなどない私も参加しました。


3月4日は、1604年に江戸幕府が東海道・東山道・北陸道に一里塚を設置した日らしく、お題は「一里塚」。


一里塚とは、旅行者の目印として道路に1里ごとに設置した塚で、道標の一種です。


旅行者が知らない土地を歩く道標にはなるようですが、俳句という知らない世界を歩く私には何の道標にもなってくれず苦笑。


優秀作品は事務所に掲示していますので、来所された方はぜひご覧ください。



富永

換骨奪胎

 


事務所である文書をつくることになりました。
後輩弁護士が起案担当だったのですが、大事な文書なのでついぼくが下案を書きました。

後輩がそれに手を入れるというので、換骨奪胎しないでよ!と注文しました。換骨奪胎について、作品の不当なパクリを意味すると理解し、悪いイメージの言葉として使用しました。

念のため換骨奪胎の意味を確認してみると、なんと、本来は肯定的な意味あいの言葉のよう。すなわち、

「古人の詩文の表現や発想などを基にしながら、これに創意を加えて、自分独自の作品とすること。他人の詩文、また表現や着想などをうまく取り入れて自分のものを作り出すこと」(三省堂 新明解四字熟語辞典)。

和歌における本歌取りのような意味でしょうか。四字熟語は中国の古典からとられ、簡潔な表現のせいか、このように意味が反転してしまう例がすくなくないように思います。

四字熟語ではないのですが、すこしまえ、知り合いの弁護士が、困難な問題について、断じて行えば鬼神も之を避くと述べていました。つまり、よい意味で引用されていました。

なつかしく思いました。ぼくも大学時代にこれを引用したことがあったからです。やはりよい意味で引用しました。

しかし、今般、出典をしらべてみました。手元に『史記』があったからです。するとなんと、これは趙高が李斯に暗殺をうながすときの言葉だったのです。

あのキングダムで有名になった秦の始皇帝の死後の事件。趙高は宦官であり、平家物語の冒頭にも出てくる歴代の悪役の1人。李斯は秦の宰相、暗殺対象は始皇帝の優秀な子どもです。このため秦は優秀なリーダーを失い、短時日で滅びてしまいます。

大学時代の文書の詳細は覚えていませんが、引用の過ちを40年ぶりに知りました。

過ちては即ち改むるに憚るなかれ。当職も、最高裁判事にならい、論語の教えにしたがい、40年前の過ちを訂正させていただきます。ごめんなさい。

(写真は、四王寺山の岩屋城跡にて、どなたかが並べた落ち椿の作品。ニコライ・バーグマンふう。それを美しく撮影してみました。よい意味で換骨奪胎できていればよいのですが。)

2021年3月3日水曜日

カエルがかえる


 

四王寺山を歩いていたら、水たまりにカエルのタマゴ。
ひさしぶり、子どものころはよく見かけたのですが。

さいきん、宝満山をのぼるヒキガエルが話題で
太宰府市の市民遺産にも認定されています。

宝満山を登っていると、たくさんの小さなカエルが登っていきます。
踏まずに登るのが難しいぐらい。

これもすわヒキガエルのタマゴと思いきや、
調べてみると、アカガエルのようです。残念。

でもよく見ると、タマゴのなかでもうオタマジャクシになっているやつもいます。
孵化するまであと数日というところでしょうか。

かえるがかえる(カエルが孵る)、なかなか語呂がよいです。

2021年3月2日火曜日

マナーはいらない

 

ブログの更新がとまる理由は、①忙しい、②ネタがない、でしょうか。


忙しい、という漢字は、よくみると「心」を「亡」くすと書きますね。

たんに仕事量が多いときより、楽しむ心の余裕を亡くしているときに忙しく感じるなあと思いました。


さて、先日、三浦しをんさんの『マナーはいらない 小説の書きかた講座』という本を読みました。


「書き方」を書いた、というメタ的な本です。

Web連載を単行本化されたもので、小説の書き方について、なんと24テーマで連載されています。


「そんなにテーマがあるのかね?」と思って読み始めると、案の定、途中でネタがないという話をされていて、連載の苦しみを垣間見ました。でもネタがないこと自体をネタに文章を書くって力強いですね。


ところで、私も最近メタ的な体験をしました。


「あ、独りごと言ってる」という独りごとです。


はっ、どうやら心を亡くしていたようです。


富永


2021年3月1日月曜日


大宰府政庁跡、裏にいくとこんなかんじ。
ホトケノザの群生です。

といっても春の七草のあれではありません。
春の七草、いえますか。

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ
これぞななくさ。

七草のほうは別名、オニタビラコ、キクの仲間です。
対するこちらはシソの仲間です。

吾も春の野に下り立てば紫に
             星野立子

高浜虚子の次女、虚子に師事し、そのあとを継ぎました。
明るく伸びやかな感性の日常詠を特色とするそうです。

この句も例外ではなさそう。
立子、紫の野に立つ。

その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし。
失われし大地との絆を結び、ついに人々を青き清浄の地に導かん。

ナウシカを思い浮かべてしまいますね。
クライマックスでナウシカの服の色が赤から青に変わり・・

ナウシカは古代ギリシアの長編叙事詩『オデュッセイア』に登場。
紀元前8世紀の吟遊詩人がうたったそうですから、ほぼ3000年まえ。
縄文杉がひこばえのころの話です。

スケリア島の王女で、オデュッセウスを故郷イタケへ送りかえします。別れ際、国へ帰ってもいつか自分のことを思い出してほしいと告げて。

ナウシカは20世紀最高の小説の一つ『ユリシーズ』にも登場します。
そりゃそうです。ユリシーズはオデュッセウスの英語読みですから。

こちらのナウシカはちょっとエッチな役柄。
でも放浪し虐げられた主人公を癒やし快復させる役割はいっしょです。

宮﨑駿のナウシカはどれともちがっていてアクティブ。
でもわれわれを深いところで癒やしてくれます。

きょうから弥生三月。
みなさんも筑紫の春の野に下り立ちませんか。
失われた人々との絆を結び直すために。

2021年2月26日金曜日

本当の名前は・・・

 

事務所の弁護士の会議でのこと。


さあ会議を始めようか、というところでY先生に特別送達がきました。


特別送達というのは、裁判所からの郵便物の送達です。郵便局も送達の事実証明をしなければなりません(民事訴訟法109条、郵便法49条1項)。そのため、代理人弁護士本人が署名して受け取ります。


受け取りのために会議室を出て行かれたY先生。

が、なかなか戻ってこられません。署名にそんなに時間がかかる?


はっ!私が知らないだけで、実は本名に長ーーーいミドルネームがある、ということでしょうか。


さて、真相は・・・。


富永

半跏思惟


九州国立博物館の特別展「中宮寺の国宝」展に行ってきました。
目玉はもちろん国宝菩薩半跏思惟像。

頭をやや傾げて右手で頬をささえて考えてあります。
美しい、アルカイックスマイル。

飛鳥に行かなくても、
飛鳥いくスマイル(く、苦しい・・)。

奈良中宮寺でも拝観したことはあるのですが、九博ではすこし困惑というか照れくさいお顔をされているように見えます(半跏思惟がはずかしい)。脇侍がおられないせいでしょうか、それとも背中まで見えるせいでしょうか。

意識されているのかいないのか、展示のしかたもロダンの考える人のよう。そういう意味ではとても近代的表現です。

美しい点はともかく、人類を救済する菩薩としてはやや頼りなく感じられたのでしょうか、平安、鎌倉時代以降はこのような姿勢の像は造られなくなったようです。

気になったのは、この菩薩が弥勒菩薩なのか如意輪観音なのか
寺伝によると如意輪観音だけれども、当時は弥勒菩薩として造像されたのだとか。

弥勒菩薩であれば、釈迦入滅後56億7000万年後の未来、ゴーダマの次にブッダになることが約束されているのだとか。でも56億といわれると気が遠くなるというか、なんど輪廻転生をくりかえせばよいのか・・。

如意輪観音であれば、意のままに説法し、衆の苦をなくし、世間・出世間の利益を与えてくださるそう。そういう現世ご利益的な意味でも、弥勒→如意輪という考えになったのかもしれませんね。

如意輪観音であれば四王寺山にもおられます。
写真は13番札所の如意輪観音さま。

四王寺山の三十三石仏は、西国三十三所にならったもの
なので、13番は石山寺の観音さまと同体のはず。

石山寺といえば、瀬田の唐橋から南に入ったところにあり
紫式部が源氏物語を執筆したところとしても有名です。

などなどと思惟していたと思ったら、
あさきゆめをみていたのでした。

2021年2月25日木曜日

さんずいのウラですが・・

電話で問合せがありました。
相手は80代のおばあちゃんでした。

事故で腰が痛くなったので相談したいとのこと。
私の反応が薄かったのか、ウエストですよ、ウエスト!!
と念をおされました。
はい、ウエストですね、了解しました。

(中略)
資料がそろってから再度ご連絡いただくことになりました。

先生のお名前は?
うらたです。

どんな漢字を書きますか?
さんずいのウラに、タンボの田です。
ああ、裏表のウラですね?

いやいや、松浦郡とかいう場合の浦です。
あー松浦亜弥の浦ですね。

・・・そのとおりです。
(この疲労感はなんでしょう)

これからは、松浦亜弥のウラですと自己紹介するようにします。
松浦亜弥がそれほどまでに高齢者にも知名度があるのであれば。

【ノリノリ憲法判例の天邪鬼談義①】「牛刀をもって鶏を割く」の類

 

昨日、最高裁で、孔子廟のために那覇市が土地を無償提供していることが憲法の政教分離規定に違反する、という大法廷判決が出ましたね!


えっ、知らない?興味ない?


私も、最高裁の大法廷で弁論があったという先月の報道で初めて裁判の存在を知ったミーハーですが、違憲判決が出たことに、一人で勝手にテンションが上がっていました。


見解の当否ではなくて、単純に最高裁での違憲判決が珍しいからです。


司法試験の勉強の息抜きに憲法を勉強していたという、例えるならば、わんこそばの息抜きにうどんを食べるみたいなストイックなことをしていた私としては、これはブログに書かなきゃ、と勝手に意気込んでいたのです。


ただ、間違いなく憲法判例史に残る判決。専門的な解説は、これから偉い先生方が続々と書かれるに違いありません。


悲しいかな、しがないマチ弁の私が「この判例はですね・・・」などと真っ正面から解説しようものなら、とんだ勇み足になりかねません。


と、いうことで、長い前フリをへて、この判例の「そこかよ!」とツッこまれそうな私の着眼点を紹介したいと思います。


「反対意見の切り返しの面白さ」についてです。


この判決、当時の那覇市長が都市公園内に孔子廟の設置を許可した上で、敷地の使用料全額を免除したことが、憲法の定める政教分離規定に違反すると判断しました。


孔子廟というと、儒教の祖である孔子を祀っている霊廟のことだそうです。

孔子というと、「子曰く・・・」の論語の方ですね。


この孔子廟のために敷地をいわば無償提供していることについて、那覇市と儒教との関わり合いが相当とされる限度を超えて許されない、と判断したのが今回の判決の多数意見です。


そんなに宗教性ある?公共施設じゃないの?など、これ自体、様々な議論がありうるところです。


ところで、最高裁判決には、裁判官個人が意見を書くことができます。

今回の判決にも、林景一裁判官の反対意見が付されていました。


最高裁の大法廷は裁判官が15名ですから、14対1の判断だったことが分かります。


林景一裁判官の反対意見を一部抜粋すると、次のような部分があります。


「であるからといって,本件施設について,今日的な宗教性を否定する相応の主張,理由があって,前記のとおり,もはや宗教性がないか,既に希薄化していると考えられる中で,外観のみで,宗教性を肯定し,これを前提に政教分離規定違反とすることは,いわば「牛刀をもって鶏を割く」の類というべきものである。」


要するに、政教分離規定違反をいう多数意見に対し、問題となった孔子廟の宗教性が希薄化していると述べて、「そこまでせんでよくない?」という趣旨のことを言われています。


面白いのは、「牛刀をもって鶏を割く」という孔子の『論語』の言葉をひいて、切り返しているところです。


孔子廟の問題には、孔子の言葉で切り返す。


最高裁の裁判官が書かれると、「はあ~さすが」と粋なやりとりに感心してしまいました。


私なんぞが、訴状で、「いわば『牛刀をもって鶏を割く』の類である!」(どや)などと書こうものなら、裁判官から「はあ?」と思われること必至です。


判決といえど、人に読んでいただく文章。やっぱり理路整然としている中でも、「面白い!」「読みたい!」と思ってもらえる粋な内容も書いてもらいたいですね!(ブーメラン)


富永

2021年2月24日水曜日

鳥の名は


野鳥はむずかしい。

まずカメラで撮影することがむずかしい。ぼくのカメラは240mmまで望遠ズーム撮影ができます。それでも野鳥は動きまわっているうえ警戒心が強いためむずかしいです。

つぎに野鳥の名前の特定がむずかしい。スズメ、ツバメ、カラス、ハトなどを除くと、どれがどの野鳥なのかよく分からないことが多いです。

写真の野鳥の名前はなにか分かりますか。インターンネットで検索すると、日本野鳥の会の野鳥図鑑などが上位に表示されます。それを使って、スズメ大、春、黒っぽいなどキーワードを入れて検索します。でもどれもこれもすこし違うような。

あきらめたころ、ふと別のページでクロツグミの雄かなと思いました。それほど野鳥は名前当ても難しいのです。

さてこの野鳥、仮称クロツグミくんは、四王寺山の麓の藪のなかで、いっしょうけんめい食事中。落ち葉の下の虫をさがして食べていました。そのため人に気づくのが遅れて、かく激写されたわけです。なかなか男前です。目力が半端ない。なんかご用ですか?という感じ。

さらにむずかしいのは季語。春に激写されたので春の季語かと思いきや、なんと秋の季語らしい。ことほどさように野鳥はむずかしいのです。

春天の取り落としたる鳥一つ
                清崎敏郎

2021年2月19日金曜日

春めきて俳句手はじめ


 

 プレバトに刺激をうけ、俳句に関心をもっているのですが、なかなか作るところまではいきません。そこでさいきんやっているのが自分の写真に、イメージにあう先人の句をそえてSNSに投稿することです。

 たとえばこの写真。龍天に登るとはこのようなイメージかと思います。でも歳時記によると、龍が天に登るのは春分のころらしい。春分の日は3月20日ですから1か月ほど早すぎます。残念。

 そこでSNSに投稿したのはつぎの2句。

 春めきてものの果てなる空の色
               飯田蛇笏

 春風や闘志いだきて丘に立つ
               高浜虚子

 いかがでしょう。解釈が違う!
 と夏井先生に叱られそう・・・。

2021年2月18日木曜日

書かれるよ

 

ブログに書くことないかなあと事務所での会話に聞き耳を立てていると、I先生がU先生に雑談をされていました。


仕事半分、話半分に聞いていましたが、ネタがないなあと思っていると、


U先生から、「そんなオチのない話をしてたら、富永くんにブログに書かれるよ」と一言。


I先生に落ち度はありませんが、オチはあった方が嬉しいです。


富永

2021年2月17日水曜日

写真で一言

 


多~い、お茶


富永

あれ?いつの間にか

さいきんプレバトなる番組がおもしろい。夏井いつき先生が出演者の俳句やコメントをばっさりと斬る。それが痛快。

それで俳句のおもしろさに徐々に目覚め
歳時記なるものを買ってみました。


歳時記とは季語を紹介し、季語ごとに解説と例句を加えた書物のことです。俳句にはふつう季語が不可欠ですから、これがなくては句をつくるのがむずかしい。

歳時記をみていると、日本の美しい季節のイメージにひたることができます。でもときに、こんな季語もあるんや~と思うものもあります。

まず、バレンタインデー。季語というと日本古来というイメージですが、輸入品なのでカタカナ文字です。

またの名を愛の日、言うも恥ずかしい感じ。
こちらも季語です。

龍天に登る(りゅうてんにのぼる)などという豪快なものもあります。
わずか17文字のなかに、こんな豪快で長い季語がおさまるのでしょうか。

日本酒好きに有名な獺魚を祭る(かわうそうおをまつる)というものまであります。わたくしは飲みませんが、新幹線のなかで売りにくるので、名前くらいは知っています。

獺はいきなりパクつかないで、まず魚を岸に並べ、そのあとに食べる・・らしい。中国の伝説からきた季語のようです。

日本酒といえば、うちの事務所の酒豪女性弁護士がかつて「八海山って、日本酒の名前だとばかり思ってた」と言い放ったことがありました。

さすが酒豪。いやいや感心しているばあいではない。八海山はれっきとした山の名前です。200名山。新潟は魚沼地方にギザギザにそびえています。

冬の間に降り積もる大量の雪がおいしい水と米をもたらします。
山あおく美しければ、水も米も酒もおいしいということです。

あれ?いつの間にか酒のはなしに・・・。

2021年2月16日火曜日

似てる?

 

私、最近初めて「さかなクンに似てる!」と言われました。


ギョギョ!似てますかね?意識したことはなかったです。


改めてさかなクンについて調べてみると、すごい人ですね。


東京海洋大学客員准教授に日本ユネスコ国内委員会広報大使等、肩書がずらり。


テレビ等での個性的なキャラクターに目が行きがちですが、その道(ギョの道?)ではなかなかの人のようです。


呼び捨てはいけませんよ。


今度からは、「さかなクンさんに似てる!」と言ってください。


富永



2021年2月15日月曜日

CIA?

 

事務所にやってきた2歳の男の子が、なにやら連呼しています。


「し~あいえー、し~あいえー」


ん?CIA?諜報員か何かですか?


残念だったな少年。スパイがほしがる国家機密は、この事務所にはないぞ。


よくよく聞いていると、どうやら「新幹線」と言いたかったようです。


残念だったな少年。二日市駅に新幹線をとめる力は、この事務所にはないぞ。



富永

2021年2月14日日曜日

全国高校生川柳コンクール

 


受賞作品をみて、あらためてコロナ禍で失われたものに想いを馳せました。

収束を祈念して。


富永







2021年2月13日土曜日

もしかして:

 

グーグルで私の名前を検索すると、


「もしかして:富●悠太」


と某テレビ局のアナウンサーのお名前が表示されます。


知名度が違いますからね。戦っていないのに負けた気がします。



全く話は変わりますが、3月21日(日)9時30分から、アクロス福岡にて行われる、ひまわり一座による憲法劇に、私も初めて出演します。


座長がわが事務所の迫田先生、演出家が中嶋さとさん。

(こちらの事務所ニュースも参照:2021haru.pdf (chikushi-lo.jp)


迫田先生により出演者にいつの間にか組み込まれていました笑。


与えられた役は・・・


「アナウンサー」


うーん、因縁を感じます。


富永

2021年2月12日金曜日

相続法の勉強の悲劇

 

相続法の勉強をするとき、抽象的にAさんBさんだとイメージが湧きません。


でも、知り合いや身内ではあまり想像したくありません。


そこで私はよくアニメのサ●エさん一家で想像します。


その結果、よく波●さんが亡くなります。


ごめんなさい。


富永

はこべ

 


筑紫野ははこべ花咲く睦月かな
                 杉田久女

はこべの名前の由来は知りませんが、春をはこべ。
きょうは暖かくなりそうです。



 

2021年2月11日木曜日

語感の気持ちいい法律用語は?

 

渋谷のスクランブル交差点に掲示された「墾田永年私財法」と書かれた謎の巨大広告が注目されているそうです。


明治「明治プロビオヨーグルトR-1」が受験シーズンに合わせて打ち出した企画で、


「受験勉強で覚えた『語感の気持ちいい言葉』:墾田永年私財法」


という看板なのだそう。他にも色々あるようですが、なかなか面白いなあと思いました。


それならば、語感の気持ちいい法律用語は何でしょうか。私の独断と偏見によりベスト3を選びました。


第3位:囲繞地通行権(いにょうちつうこうけん)


決して言いやすいわけではないですが、なぜか口にしたくなる語感のよさがあります。公道に通じない土地(袋地)からその土地を囲んでいる他の土地(囲繞地)を通るときには、「囲繞地通行権!」とひと言ことわって通ることにしましょう。



第2位:遺留分減殺請求権(いりゅうぶんげんさいせいきゅうけん)


被相続人から「お前に遺産はやらん」と言われても、最低限保障される権利です。

2019年7月1日施行の相続法改正により「遺留分侵害額請求権」(いりゅうぶんしんがいがくせいきゅうけん)となってから、やや語感のよさが失われた感があります。かっこいい法律用語ランキングでも「詐害行為取消権」(さがいこういとりけしけん)と上位を争う強者です。


そして、第1位は・・・



第1位:背信的悪意者排除論(はいしんてきあくいしゃはいじょろん)


これは言いたい。司法の正義を期待する市民からすれば、まるで水戸黄門のよう。

「登記がなくても大丈夫。なぜなら相手は背信的悪意者だからです!」

根拠は信義則なのですが、信義則違反者排除論、などと命名しなかったのは、きっと語感の気持ちよさを重視した結果なのでしょう。


富永


2021年2月10日水曜日

し~ず・うみ法律講座「エンディングノート」

 し~ず・うみ法律講座「エンディングノート」


本日10時よりし~ず・うみにて迫田登紀子弁護士による「エンディングノート」の法律講座が開催されました。

23名という多くの方にご参加いただきました。私向井も,何をするわけでもなく,見学に行きました。

笑いあり,涙あり,得ありの法律講座で,皆様熱心に講演を聴いておられました。

事務所ニュースをみて,迫田先生に会いたい!とわざわざ大川市からお越し下さった方もいらっしゃいったようです。

今日の講座でますます迫田先生のファンが増えたことだろうと思います。


ところで,偶然にも,本日の講座に,私が弁護士1年目だった時に,ご依頼いただいたお客様がいらっしゃっていて,「お久しぶりです!」とお声がけいただきました。

ちくし法律事務所の講演に来て頂いていることも嬉しかったですが,僕を覚えて下さっていて,マスクをして会場の隅っこでひっそりとしていた僕に気付いて下さったことが,一番嬉しく思いました。弁護士冥利に尽きます。

7月に交通事故の講演を僕もしますので,是非お越し下さい!と言って,お話しを終えました(さりげなく告知)。

変な人ではありません

 

会議や講演などで、せっかく話をしていても、聞き手の反応がないのは話しにくいですよね。


メラビアンの法則というものもあるそうです(詳しくは過去の記事を参照。「ちくし法律事務所」の日常: 法律相談のしかた③(電話相談) (chikushi-lo.jp))。言語情報、聴覚情報だけだと伝わりにくいときもあります。


そのため、私は、なるべくZOOMなどを利用したオンラインの会議でも、ビデオをオンにした上で、うなずくなど反応をするようにしています。無表情沈黙は話し手が気の毒ですし。


先日も、遅い時間の会議にZOOMで参加していました。自席で、イヤホン利用のため、端から見れば会議に出ていることに気付かないことも。


フロアには私と、仕事で残られていたI先生のみ。


私はあまり発言はしていませんが、上述のとおり、反応はしています。


そうすると、イヤホンの外でI先生の声が。


「1人で笑ってる・・・」


違うんです、先生。誤解です。


今度からは事務所のスケジュールボードに会議予定とともに「1人で笑っているように見えることがあるかもしれませんが、ZOOM会議中です。」と書くようにしようかなあ。


ちなみに、もしZOOM会議でもないのに本当に1人で笑っていたら、たぶん相当疲れているのでやさしく見守ってあげてください。


富永

安心してください、穿いていますよ

  性的意図なくわいせつ行為を行った場合に、強制わいせつ罪が成立するか?
 われわれが司法試験を受けたころは、「成立しない」が正解でした。

 しかし最高裁大法廷はさいきん、性的意図がなくても「成立する」との判断を示しました。「必要」としていた昭和45年の最高裁判例を半世紀ぶりに変更したものです。

 このように、わいせつとは何かについては時代により変遷があります。
 それまでダメだったのが、美人女優を激写した篠山紀信のヌード写真集が出版されたりすると
、ダメじゃなくなったりします。

 テレビを見ていると最近、きわどいところで大事な部分だけは見せない芸人さんがいますよね。あれも昔はダメだったのではないでしょうか。たとい、性的意図はなくとも。

 筑紫野署に捕まったある被疑者から、ときどき面会希望があります。
 事案はいつもおなじで、女子中学生に自分の大事な部分を見せたというものです。見せるだけです。ちんれつ罪というやつです。
 
 なんでそんなことをするんですかと問うと、そうすると性的に興奮するというのです。なるほど。性的志向って多様なんですね。いやいや、他人に不快感を抱かせてはダメでしょ。そうですね。

 パンツさえ穿いていればメディアの前でもオッケーの世の中になりました。なんとかパンツだけは穿いてくださいよ。わかりました。毎回それでおわりです。

 ・・・富永くんの投稿を本歌としてネタを考えたら、まとまらない変な投稿になりました。すみませぬ。

2021年2月9日火曜日

安心してください、覚えていますよ

 

福岡地裁の期日でのこと。


昨年、当事務所に弁護修習に来られていた方が、弁護士登録して相手方代理人の先生と一緒に来られていました。


当方は、私とI先生の2人が出頭。


弁護修習ではお世話になりました、と声をかける彼。

が、I先生は覚えておられず。


事務所のフロアも違ったし、弁護修習の期間も短かったし、昨年の緊急事態宣言中で懇親もなかったし・・・


大丈夫、他の人たちは覚えているはず。


事務所に帰って、昨年修習生で来られていた彼が弁護士登録して相手方で来ていたと話すと、事務局Yさんから


「ピーマン嫌いな人ですよね!」と一言。


ほらね、覚えていますよ。


これから福岡県弁護士会を一緒に盛り上げていきましょうね!



富永

1300年前の福岡県知事は?

 


いまの福岡県知事は小川洋知事。
では1300年前の福岡県知事はだれでしょう?

正解は山上憶良。
当時は福岡県ではなく筑前国、役職は守(かみ)。

令和ゆかりの梅花の宴に参宴しています。
宴がどこで催されたのか?坂本神社以外にも比定地はあるようです。

彼が詠んだ妻をしのぶ歌が伝わっています。
もちろん万葉集に。

大野山霧立ち渡るわが嘆く
  息嘯の風に霧立ちわたる

大野山はいまの四王寺山
歌碑の背景にやさしくたたずみ、いまもわれわれを見守ってくれています。

なお、四王寺山のうえには昔、朝廷の倉が並んでいたようです。
焼き米が原には、炭化した米がいまでも見つかります。

ん?朝廷の倉というと、御倉?
山のうえの御倉?・・・そうなのか?

2021年2月8日月曜日

オチはあるけど落ちないで、スベらないけど滑った話

 

宝満山の下山中。


一緒に登った方がなかなか面白い(NOT興味深い、ただただバカバカしい)話をされていました。


が、オチを言って受けたのも束の間、足下を滑らせて転倒。


幸い怪我には至りませんでしたが、せっかくスベらなかったのにリアルで滑るとは。


詰めが甘いですね。


オチはあるけど落ちないで、スベらないけど滑った話。


富永

四王寺山三十三石仏めぐり


 

富永くんが鬼門(北東)の方角へ向かっていたころ、当職は北へ向かいました。
四王寺山です。筑紫地区で仕事をする以上、四王寺山もおさえておかなければなりません。

山のなかは、まずまずの人出でした。
みなさん手に手に地図をもっています。

三十三石仏めぐりの地図です。
新聞か雑誌で紹介されたのでしょうか、結構な数のかたが地図を片手に石仏をさがされていました。

そういえば、登山道もきれいに整備されています。
石仏への案内標識もきれいになっています。

コロナ禍のなか、三密にならない散歩道としてどなたかが整備されたのでしょうか。
ありがたいことです、感謝、感謝。




2021年2月7日日曜日

また今度・・・

 


「宝満山に登ったことある?」

ありません、と答えた私に、稲村先生から、

筑紫地域で仕事しているんだから、一度登って自分が仕事をしている地域を見渡して来ないと、とお叱りを受けました。

また今度、と言っているうちに入所して1年以上。光陰矢の如し、です。

今年は「また今度」撲滅運動をしていこうと思います。

そういうわけで、ようやく宝満山に登ることにしました。
鬼滅の刃ブームで注目されている宝満宮竈門神社に参拝してから登りはじめます。


頂上までゆっくり登って2時間弱くらい。日頃の運動不足がたたって身体が痛い。

でも頂上まで登れば達成感があります。

さて、景色は・・・



生憎の霧でよく見えず。
残念ですが、楽しみを先にとっておくということで。

こればっかりは、また今度・・・。


富永




2021年2月6日土曜日

怒ってます?

「配偶者居住権」と「配偶者短期居住権」の違いは何?


ご相談者から聞かれればまじめにお答えするところですが、仲の良い友人に聞かれたので、


 「配偶者短気居住権」の方が怒りっぽいんだよ


と答えておきました。


富永


P.S.

まじめな話はこちらの井上先生の解説をどうぞ。

2019natu.pdf (chikushi-lo.jp)

2021年2月5日金曜日

さすがです

 


筑紫公証役場に行く機会がありました。


公証役場とは、遺言書や離婚協議書等を公正証書として作成するときの公証事務等を行っている役場になります。

いわば、文書にお墨付きを与える仕事、ですね。


筑紫公証役場に入ると、見たことのある写真集が置いてあるのに目がとまりました。



「スーツを裏返して 弁護士、山の絶景に会いにいく」


私も入所した際にいただいた、浦田先生の山の絶景の写真集です。

まさか公証人の先生からもお墨付きをえていたとは。さすがです。


富永

ノリノリ憲法判決

 弁護士になった以上、憲法百選に載る判決をいちどはとりたい。
これは弁護士なら誰しもが抱く野望だと思います。

自慢ではありませんが、いや自慢か、当職はいままでに判例百選に載る憲法判例を2度得たことがあります。

ひとつは南九州税理士会訴訟の最高裁判決。税理士会のような強制加入団体は政治献金をすることができないというもの。最高裁で全面勝訴しました。憲法本来の国家をしばるという場面ではないのですが、国家権力にも匹敵する私的権力にも憲法が適用されるという判決です。

ふたつはハンセン病訴訟で、ハンセン病という感染症に対し国が患者を収容所に強制隔離したのは人権侵害だというものです。一審熊本判決に対し、当時の小泉首相が控訴断念し確定しました。今般、新型コロナに対し、罰則をもって隔離を強制できるかが議論されていますが、おなじ問題を含んでいます。

憲法訴訟は裁判中はひとかたならぬ苦労があります。
しかしながら、ひとたび勝訴判決となれば気分はノリノリです。

                                 ヒデノリでした。

2021年2月4日木曜日

「憲法」と書いて●●と読む

 はじめに断っておきますが、まじめに見つけたふまじめな話です。内容はありません。


高橋源一郎さんの著書『たのしい知識』を読んでいたときのこと。


「憲法」はもともと「constitution」の訳語です、という話が出てきました。

憲法学者の中には、「constitution」を「憲法」と翻訳したのはまちがいじゃないかという方もおられるそうです。

「憲」も「法」も、どちらも法、ルール、という意味。

「法」は国家が個人をしばるもの。

それでは個人が自分の人権を守るために国家(権力)を枠にはめるという立憲主義の意味合いがないではないか、ということだそう。


ここまでは、まじめに見つけた話。


私が目をつけたのはそこではなくて・・・


「『憲』も『法』も、音読みすると、どちらも『のり』。」


!!


えっ、じゃあ、「憲法」を音読みすると「ノリノリ」ってことですか!?


「憲法訴訟」とか言われると何か気難しそうですが、「ノリノリ訴訟」と読んだ日には、ナウでヤングでトレンディーな感じがしてくるから不思議です。


大学でこれから憲法を学ぼうという学生さんも、

「ノリノリ」の勉強しよう、と言われれば、楽しく学べそうですね。


・・・はじめに断ったとおり、勢いだけで、内容はありません。



富永

脳を鍛える大人の●●トレーニング

 遅くまで事務所に残って仕事をしていると、隣のY先生が何やらPCで防犯カメラ映像を確認されています。


聞くと、とある刑事事件のアリバイ立証で、あるお店に出入りした人を確認しているとのこと。なかなか気の遠くなる作業です。


お店の出入口に設置されたカメラ映像をみて、ふと、とあるゲームを思い出しました。


私「先生、脳を鍛える大人の●●トレーニングって分かりますか?」

Y「分かるよ」

私「その中にあった、家の中に人が出入りして、今家に何人いるでしょう、っていう人数数えのゲームができそうですね」

Y「・・・このお店、他にもあと3つ出入口があるんだよね」


どうやら難易度が高そうです。


富永

セクシュアリティは万全です?

 「女性が多い理事会は時間がかかる」五輪・パラ組織委 森会長

 お歳からしてそういう意見をもっていることは分かります。しかし、それを発言しないだけの見識がないのは困ります。全世界が注目していることですし。アスリートたちは、それに向けて毎日必死に修練していることですし。われわれの税金がたくさん使用されていることですし。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210203/k10012848591000.html

2021年2月3日水曜日

セキュリティは万全です?

U先生が電話で、某警備会社のことなど、なにやらセキュリティについて話をされています。

何気なく聞いていると・・・


「事務所のセキュリティですか?うちは若手の富永君が剣道五段ですから。事務所に木刀を置いてますので、何かあれば富永君が木刀で頭かち割ることになっとります。」


・・・そういうことらしいです。


富永 

2021年2月2日火曜日

徹底してますね

 


「確認お願いします。」と言って渡されたのは3月に行われる法律セミナーのチラシ。
次回は私が初めて担当します(セミナーの広報は後日に)。

渡されたチラシ案をみると、私の顔写真の上に「修正中」という文字が。

差替え検討中?それとももう少し男前に画像を補正してもらえるのでしょうか。

あっ、文字の位置を見て納得。


マスク、ですかね。


徹底してますね、感染症対策。


富永

ウィズコロナの時代の節分

 






昨秋、感染増加第2波と第3波の間に岡山に旅することができました。
ウィズコロナの時代、コロナとうまくつきあう必要もでてきました。
うかうかしているとどこへも行かないまま一年が終わってしまいます。

きょうは節分。
明日からまちにまった春ですね。
なのに、緊急事態宣言は延長されそうです。
2月に予定していた東北雪山遠征は中止するしかありませんね。

いざ、3月の計画を楽しくたてましょう。
幸せになるためには、旅行に行かなくても、計画を立てるだけでもよいそうです。
しばらく幸せな時間がもてるでしょう。

2021年2月1日月曜日

ラベルの使い方、知ってる?

 アンドロメダの常識の人からまたアドバイスをいただきました(「ちくし法律事務所」の日常: アンドロメダの常識 (chikushi-lo.jp))。


私がブログの相談をしてから、読んでくださっていたそうです。


ア「ラベルの使い方、知ってる?」

私「いえ、文章に出てきた言葉をテキトウに打ち込んでおります」

ア「分かってないねえ・・・」


曰く、ラベルに共通の単語を入れておくと、ラベルをクリックすればそれらの記事が一覧表示されるとのこと。

例えば、ラベルに「富永」といれておけば私が書いた記事だけがすべて一覧表示されるのだとか。


そんなことも知らずに「とりあえずたくさん打ち込んでおけばいいか」と入力していたのでした。トライアンドエラーの見切り発車方式で運用しておりますので、今後も少しずつ改善していこうと思います。


えっ、私の書いた記事だけ表示されなくなる方法ですか?それは教えないで下さい。


富永

セリバオウレンに会いに

 




いま人気のセリバオウレン(芹葉黄連、Coptis japonica)に会いに。学名どおり固有種。花期は3~4月とされているので、いま咲くのはとても早いです。キンポウゲの仲間だけに、アルカロイドを含み、薬になります。
見た目はとても地味。それと知らなければ、見逃してしまいそうです。白も凛としていていいですが、ピンクも可愛い。 上は雌雄両性花、中が雄花、下は雌花(もちかしたら両生花かも)。 こんなに早く咲くので虫も飛んでおらず、自分で受粉しなければならないので、雌雄両性花となるようです。

2021年1月31日日曜日

あたたかく迎え入れてください

 


先日、体温が低く表示されて警察署でなかなか入れてもらえなかったという話をブログに投稿しました(「ちくし法律事務所」の日常: それなら別によくないですか・・・ (chikushi-lo.jp))。

外を歩いてきてすぐ体温計をあてるから低くなるのではと思い、試しに測ってみると34.7度との表示が。

聞くと、事務所の先輩のS先生は、外を歩いてきて弁護士会館の自動体温計に顔をあわせたところ、30度と表示され、「体温は正常です」と言われていたそう(I先生談)。

上には上が(下には下が?)いましたね。

うーん、これはS先生が実は変温動物だった、などの新事実が発覚しない限りは、外を歩いてきて体温計をあてると体温表示が低くなるということはよくあることのようです。

ちなみに私は変温動物ではありませんので、外を歩いてきて体温が低く表示されても、あたたかく迎え入れてくださいね。


富永


2021年1月30日土曜日

ステイホームの次は?

 コロナ禍を避け、ステイホームが求められる昨今ですが、まるで現代版「物忌み」のよう。

それなら次は「方違え」でしょうか。

不要不急の外出との誹りを受けぬよう、通勤の際に、普段と違う方角から遠回りしてみました。


いったん違う方角に歩き、途中からだいたい事務所の方向を目指して移動します。

気付いたらどんどん知らない住宅街へ。

「へえ、こんなところがあったのね。」と呑気なことを考えながら歩いて行きますが、なかなか事務所に近づきません。


「ここ、どこ?」

方向が分からなくなって、方違えなどという平安時代的なことはもう放棄し、スマホで現在地を確認します。


どうやら事務所と真逆の方向に進んでいたよう。どれだけ方向音痴なんだ、自分。

地域で道に迷うなんて地域弁護士の名折れですね・・・


富永

2021年1月29日金曜日

それなら別によくないですか・・・

 

被疑者国選弁護人に選任され、接見のため警察署へ。

入り口から入るとアルコール消毒と検温を実施中。しかも手動の体温計で測定する係の人1名と自動体温計の2重体制です。


お疲れ様です、と声をかけ、体温計を額に近づけてもらいます。

が、体温計の表示を見た係の人がしきりに首をかしげています。


「すみません、もう一度、今度は首でいいですか。」

むむ、高く出たのかな、とやや不安に。今度は首に近づけてもらいますが、係の人、またも首をかしげています。

「何度もすみません、今度は手首で。」

「やっぱり自動の方でお願いします。」

なかなか入れてもらえず、熱発していたのだろうか、いやそんなはずはと心配になってきます。後ろには2人ほどが並ばれていて「早くしてくれよ」といいたそうな怪訝な表情をされています。


「歩いてこられました?」と係の人。

「はい。もしかして高かったですか。」と心配になりながら聞くと、


「いえ、体温が低いんです。」との答えが。


それなら入れてくれても良くないですか・・・。



富永



新型コロナ感染防止対策

ちくし法律事務所では、新型コロナウイルス感染防止対策として、できるだけの措置をとっています。みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。


まずは、エントランスで、手指のアルコール消毒をお願いいたします。



つづいて、受付では、検温のご協力をお願いいたします。非接触型で、器械に顔をちかづけるだけで、ライトで結果が示されます。



相談・打合せの際には、マスクの着用をお願いいたします。
飛沫防止対策として、各相談室にアクリル板を設置しています。
換気のため、冬期でも窓を数カ所開けています。
テーブルや筆記具など、接触箇所はその都度アルコール消毒しています。
面談だけでなく、メール、電話、ウェブも活用しています。
人数によっては、3階会議室等を利用しています。



各階に、ウイルス除去性能があるとうたっている空気清浄機を設置しています。

今後とも感染防止のため、できるだけの対策を講じていきます。ご意見、ご要望等ございましたら、遠慮なく申し出てください。

アンドロメダの常識

 ブログを書いている人に、読者を増やすにはどうすればよいか、と安易な質問をしてみたところ、


「です・ます調」か「だ・である調」か統一しなさい

というアドバイスを、

「アンドロメダの常識やで」

という珍言とともにいただきました。


何を初歩的なことを、と思いましたが、

1日の閲覧者数が500人以上と聞き、いったん襟を正すことに。


ひとまずアンドロメダの常識に従ってみようと思ったのであった。もとい、思いました。


富永

2021年1月28日木曜日

破産事件の所内研修

 

先日、森弁護士による事務所の若手事務局、若手弁護士向けの破産事件の研修を行いました。


破産事件の手続きは、債権者へ配当できる財産がない場合でも、大きく同時廃止と異時廃止(管財事件)の2つがあります。

法律上は「破産財団をもって破産手続の費用を支弁するのに不足すると認めるとき」(破産法216条1項)、要するに破産手続をはじめても破産管財人の報酬等の手続費用すら払えずに費用倒れになるようなときは、破産手続開始の決定と同時に破産手続廃止の決定をしなければならないとされています。


もっとも、破産者に不動産などの財産がある場合や財産がなくても免責不許可事由の有無等を調査する必要がある場合などには破産管財人が選任されます。

破産管財人が選任される(管財事件化する)と破産申立ての際に破産管財人の報酬等にあてるための費用を原則一括で予納する必要があります。福岡地裁では、債権者数50名未満の個人の破産であっても、管財事件化すると目安額20万円の予納を求められます。この予納金は、法テラスを利用する場合でも原則立替えができません。


そのため、破産申立てをする際は、破産申立代理人において可能な限り調査をした上で、できる限り不必要な管財事件化を避ける必要があります。


森弁護士からは、自身の破産管財人としての経験を踏まえて、管財事件化を避けるための申立代理人の事件処理について研修をしていただきました。

「ナイフは横向きにするといいらしい」という、ここだけ書くと語弊しかない余談をはさみながら、若手事務局・若手弁護士のためになる内容でした。


研修を踏まえ、今後も依頼者によりよいサービスを提供していきます。


富永


龍の宝珠


 高校時代の友人が月の写真をSNSに投稿していました.
まるで龍の宝珠のようだというのです。

たしかに。
♪もうすぐ春ですね 龍を描いてみませんか
(歌詞がちょっとちがう)
ということで、龍を描いてみました。




2021年1月27日水曜日

よくぞ飛んでくれました


福岡空港まで迎えに行きました。

この時期に飛行機利用だから県境移動。管総理に相談したわけではないけれど、事情を話せば、それは不要・不急でしょうとは言われないと思います。

出口で到着便の案内表示を見ると、なんとほとんどの便が欠航(キャンセル)。コロナ禍恐るべし。

テレビニュースで、飛行機の利用者が70%減などと言っていました。たいへんだなと思ったけれども、ピンとはきてはいなかったと思いました。利用客が70%減ということは、離発着の飛行機の便数も70%減ということ。目の当たりにした思いでした。

飲食業もたいへんなのは身近でききます。観光業や旅客運送業もたいへんだろうと思います。ゴーツートラベルについては批判もありますが、やはり支援が必要なんだなと、あらためて思いました。

そんななか幸い、迎えにきた便はぶじ着陸しました。よくぞ飛んでくれました。すくなからぬ人たちが出口から出てきました。サラリーマンふうの人たちだけでなく、赤ん坊連れの女性も何人かいました。みなさん、それぞれのドラマがあったものと思います。小さな幸せに感謝しました。

裁判官、当職そこは分からないです・・・

 先輩弁護士と共同受任中の民事裁判での期日のこと。


先輩弁護士が所用で出られないため、当方からは私のみがWEB会議に出席。

期日までに当方から提出した書面は先輩弁護士が起案した書面のみ。相手方から書面が出たため、次回反論しますと述べ、期日がつつがなく終わりそうと油断していると、


裁判官「そういえば原告代理人、提出された書面のこの漢字はなんと読むのですか。」


と不意に漢字の読み方を聞かれた。とっさに文脈から自分が勝手に読んでいた読み方を答えてしまう(後で誤読と判明)。


が、裁判官も、あ~、と納得された様子。読み方を間違えただけで意味内容が違うわけではないので影響はないですが。


それにしても、「裁判官、難しい漢字の読み方は当職に聞くよりググった方が早いですよ・・・」となんとも情けない気持ちになったのでした。


富永

2021年1月26日火曜日

難所が滝でなんしょっと?


 

難所が滝に登りました。ことしすでに2度登りました。

いちどは宝満山から仏頂山を経て、難所が滝にくだりました。大雪の日でしたがチェーンスパイクと防寒装備さえしっかりしていれば、いつもどおりの山行でした。ただし、まほろば号が運休していて、太宰府駅から竈門神社まで往復歩きでした。さすがの鬼滅ファンもまばら。

2度目は宇美町・昭和の森側から。山中はチェーンスパイクさえあれば不安なし。問題は昭和の森の駐車場まで。路面が凍結していて恐怖。

われわれの身近なところに、このような見事な氷瀑があることは奇跡のようです。雪景色とのとりあわせは素晴らしいの一言。

さいきん西日本新聞で紹介されたこともあり、すごい人気です。山中マスクをしていると、息が苦しくなりますが、みなさん励行されています。屋外でもあり、感染リスクは高くはありません。

みなさんもいかがですか。

オンライン集会

 コロナ禍で、多くの裁判でもTeamsによるWEB会議が利用されるようになり、全国規模の大きな裁判でも影響があります。


HPVワクチン薬害訴訟でも、公開法廷での口頭弁論ではなく、WEB会議による手続が続いており、先日、1月18日(月)に福岡地方裁判所で行われた期日もWEB会議でした。


期日後の報告集会も、今はZoomを利用したオンライン集会で行われています。福岡以外の方も福岡に来ることなく報告集会に参加できるなどのメリットがある一方、意識して声をかけていかないと、学生などに来てもらって社会問題として関心をもってもらい、支援を広げていくことが難しくなっていると感じます。


そこで、報告集会への参加について、今年3月31日から司法修習に行く予定の方に声をかけてみると、弁護士として働くなら社会的に問題となっている事柄に関わってみたいとの嬉しい返事が。報告集会、ぜひ参加してください!いつか同じ弁護団で一緒に仕事ができるといいな~と思ったのでした。


富永


2021年1月25日月曜日

ZOOM会議など


 弁護団会議や弁護士会の研修など、今日はZOOMを利用したWEB会議が3つ。ZOOM、ZOOMまたZOOMでした。

「またZOOM、またZOOM」とだんだん疲れてきて、ふと「そういえば広島のマツダスタジアムはなぜZOOM-ZOOM?」と全く関係ない疑問が浮かんで集中力を欠く始末。

気になって調べてみると、日本でブーブーという車の走行音を表す子ども言葉を英語でズーム、ズームといい、子どものときに感じた動くことへの感動を提供するというマツダのブランドコンセプトになっているのだとか。

・・・うーん、1日中ZOOM会議で事務所を動かなかった私はこのままだと直近1週間での最低歩数を更新しそうなのですが。


写真は、最近事務所に設置された体温計です。顔を近づけて青く光れば問題ありませんので、法律相談や打合せ等で来所された際は検温にご協力をお願いします。


富永


「弁護士生活40年を振り返って」連続学習会

 


ちくし法律事務所では現在、所長の稲村晴夫弁護士を講師として連続講座・勉強会を開催中です。題して「弁護士生活40年を振り返って」。弁護士9人、事務局11人が参加して学習しています。

第1回は、昨年12月11日「私と集団訴訟活動」。筑豊じん肺、長崎北松じん肺訴訟について話がありました。

第2回は、「私と地域における弁護士活動」。筑紫民商会員に対する筑紫税務署の不当課税取消訴訟、甘木市における産業廃棄物最終処分場建設反対訴訟、春日市長に対する住民訴訟、県営山神ダム上流の産業廃棄物処分場操業停止と許可取消を求める住民運動、筑紫野市山家地区における汚泥の処理施設の建設差止・操業停止・許可取消を求める住民運動、筑紫野市山家・御笠地区における産業廃棄物の中間処理施設(焼却施設が主)の建設に反対する住民運動について話がありました。

第3回は、2月19日に予定しています。テーマは一般事件のたたかい方。一般事件においても、暴力団、総合病院・専門医、行政や裁判所・裁判官に対しても敢然とたたかいを挑み、依頼人とは徹底的につきあう姿について話があります。

当事務所も弁護士9人、事務局11人の事務所となり、地域のニーズに応えつつ、大規模訴訟にも参加して活躍することが要請されています。学習会をきっかけに、さらにこれらニーズに応えていきたいと思います。

2021年1月24日日曜日

薬物事犯の控訴審弁護活動


覚醒剤取締法違反の刑事事件で、控訴審の国選弁護人となり活動しています。


覚醒剤取締法違反の検挙人員の推移は、近年おおむね横ばいから減少傾向であり、令和元年には8730人と、昭和50年以来、44年ぶりに1万人を下回りました。

他方、覚醒剤取締法違反の成人検挙人員のうち、同一罪名再犯者率(同法違反の成人検挙人員に占める同一罪名再犯者の人員の比率)は、近年上昇傾向にあり、令和元年は、66.9%となりました(令和2年版犯罪白書)。

薬物への依存から、多くのケースで再犯にいたり、抜け出せなくなっていることがうかがわれます。


刑事司法における薬物事犯の処遇は、同種前科・前歴によって量刑の相場がおおむね決まっているといわれます。行為責任主義の観点から、量刑は、行為・結果・動機から量刑の大枠が決まるといわれますが、薬物事犯においては薬物の使用方法という行為類型にあまり大きな意味はなく、自己使用の場合は被害者もいないため結果も重視されません。そのため、裁判官も同種前科・前歴をみて、おおむね過去の量刑傾向にしたがって刑を決めることが多く、量刑不当となるケースは多くありません。


また、民事裁判とは異なり、刑事裁判における控訴審は、事後審といわれ、事件の審理をやり直すのではなく、第1審判決の当否を事後的に審査することが主になります。第1審の裁判官の判断が間違っていた、不合理だったといえなければならず、破棄判決のハードルは高くなります。実際に、令和元年度の覚醒剤取締法違反について被告人側からの控訴申立件数は1220件ありましたが、第1審判決が破棄されたのはわずか47件でした(令和元年度司法統計)。


さて、担当することとなった事件は、量刑不当を理由とする被告人本人による控訴事件。上述のような厳しい見通しを伝えつつ、「やれるだけやってみましょう」と8ページにわたる控訴趣意書を書き上げました。控訴趣意書とともに、薬物依存症の民間リハビリテーション施設であるダルクの連絡先一覧などが記載された書籍を被告人本人に差入れ。後日、被告人から「一生懸命やって下さった事は十分伝わってきました。」「社会復帰後、自分が薬物依存症である事をしっかり認識し、しっかり生き直していきます。」とお手紙をいただきました。


判決をとることだけが弁護人の役割ではないと実感しました。被告人が更生して薬物依存と向き合い、自分の人生を生き直してくれることを願ってやみません。


富永



 




2021年1月23日土曜日

コロナ版ローン減免制度


昨年12月1日から自然災害債務整理ガイドラインを利用した債務整理が新型コロナウイルス感染症に適用されるようになりました。


コロナ版ローン減免制度とは、

対象者:新型コロナウイルスの影響での失業や、収入・売上が減少したことなどによって、債務の返済が困難になった個人・個人事業主を対象者とし、

対象債務:令和2年2月1日以前に負担していた債務、令和2年10月30日までに新型コロナ対応のために負担した債務を対象債務として

行う債務整理です。


制度のメリットとして、

1.信用情報登録機関のいわゆるブラックリストに登録されないため、その後の借入の可能性を残せること

2.弁護士、不動産鑑定士など登録支援専門家の支援が無償で受けられること

3.保証人への保証債務の履行を求められない場合があること

などがあげられ、自己破産や個人再生などと比較してもメリットの大きい制度といえます。


制度を利用する場合は、最も借入残高が多い債権者から制度利用の着手同意を得た上で、弁護士会に手続支援を依頼することになります。


適用が始まったばかりでまだ利用数は多くありませんが、メリットの多い制度ですので、新型コロナウイルスの影響で債務の返済にお困りの場合は、制度利用についてぜひご相談ください。


富永

 

神奈川からの依頼@法テラス


 神奈川の法テラスですけれど・・・

電話がかかってきた。法テラスは弁護士費用等を立替払いしてくれる組織、法務省の外郭団体です。各県にあり、福岡にもある。福岡の法テラスからはしょっちゅう連絡がある。しかし神奈川とは・・・。

話をきくと、いま引き受けている国選弁護人事件の被告人が神奈川の裁判所に起訴されたので、ひきつづき弁護人を引き受けますかという問合せ。

いやいや、無理です。もともと法テラスの費用では神奈川までの出張費用をもってくれるかどうか疑問だし、向こうもこちらも緊急事態宣言中だし・・・。

でも、いちおう、緊急事態宣言中でなければお受けするのですが・・・と答えておいた。それにしても、念のための意向確認だったのか、本気の依頼だったのか、気になる・・・。

2021年1月22日金曜日

オンライン業務の悲劇~わたし忘れられていたんですか・・・


 
もともと最高裁判所も裁判業務のIT化を進めたいと考えていました。
昨年から、新型コロナ禍の三密回避ということもあり、IT化が加速しています。

われわれの業務も、弁護団会議はズームで、家庭裁判所の調停は電話会議で、地方裁判所の準備期日はチームスで、というようにオンライン化が急速に進んでいます。去年のいまごろは想定しなかった変化です。

先日などは、さいたま地方裁判所で証人尋問があったのですが、わたくしだけが浦和まで出張し、わが依頼人と証人は福岡地方裁判所に出頭して、ビデオ尋問をやりました。はじめての経験でドキドキしました。

リアルだと、裁判官や相手方の表情や言外のコミュニケーションまで察知できるけれども、電話会議だとそれができないのが難点だったりします。でもそんなことは言ってられません。

リアル調停だと、こちら側と相手方と交互に話しを訊かれます。相手方が話しをしているときは、こちら側は待合室で待機することになります。家庭裁判所の待合室は、いま、コロナ対策のため、開放されています。そのため、この季節は寒くてしょうがない。できれば、ぬくぬくの事務所で執務したいものです。

こうしてオンライン業務は、新型コロナ禍のなか、概ね便利なツールとして機能しています。しかしながら、人間のやることですので、ときには悲劇を生んでいるようです。

隣の席は井上弁護士が執務しています。きのうも昼から、損害保険会社とたくみに交渉をしていました。御社の提案はわかりますが、あとで自賠責保険から補填を予定していることを考えれば、この程度の慰謝料は認めていただいてもなんの問題もないものと考えます・・とかなんとか。実にソフトにそつなくこちらの要求を伝えている・・・。

夕方になって、いやいやいいんです、でも、わたし忘れられていたんですか?・・いやいやいいんです、でも、わたし忘れられていたんですか?・・。
珍しく隠そうとしても感情があらわになってしまっている。いつものソフトでそつないコミュニケーション術には見られない対応。
どうしたのだろう?

訊くと、電話会議で家事調停をやっていたところ、いつまで経っても折り返しがないため、こちらから問合せの電話をかけたらしい。そして、書記官の狼狽ぶりからして、どうもこちらへの連絡を失念したまま調停手続が終了してしまっていたらしい。

あはは。そういうこともあるよね。
と思うけれども、いままでの人生、そういう目にあったことが少なかったと思われる井上弁護士の落ち込みようは・・・。

法律講座・エンディングノート@し~ず・うみ


 

                し~ず・うみ 仕事と生活の両立
シリーズ 法律講座(第4回)

令和3年2月10日(水)午前10時~11時30分

演題 エンディングノート

講師 ちくし法律事務所 弁護士 迫田登紀子

~人生の最終章を幸せに過ごすために~

葬儀・墓・財産を考える終活は今の充実につながるヒント

☆人生100年時代のアドバイス
☆何を書き残すか・・・

参加費:1講座500円

・オリジナル エンディングノート
・無料法律相談カード
 上記2点を進呈します!!

講座の目的
☆問題に直面し悩んでいる方が解決に向かう糸口さがしのため
☆近い将来、誰にでも来る問題にそなえるため
☆知識を深めることで人生を豊かにするため
☆安心して相談できる弁護士に出会うため

※感染防止対策を徹底し講座を行います
  来館前の検温・マスク着用 遵守

共催:ちくし法律事務所(筑紫野市二日市北1丁目1番5号)
講座の申込み・お問い合わせ先:宇美町働く婦人の家 し~ず・うみ
TEL932-0365


 

2021年1月21日木曜日

「今やらねばいつできる、俺がやらねば誰がやる」

昔、私が中学生の頃、部活で他校の生徒・保護者が、この言葉が印字されたTシャツを着ていたことをふと思い出しました。そういえば誰の言葉だったのだろうかと思ってググってみると、彫刻家の平櫛田中氏の言葉なのだとか。


ところで、長らく更新されていなかった当事務所のブログ。若い人が更新しないと、と先輩弁護士から発破をかけられ「俺がやらねば」と勢いだけで手を挙げてしまいました。少し後悔。


でも、ソーシャルディスタンスが求められる昨今、なかなか新たに人とつながる機会も少なくなっているような気がします。対外的な発信が何かのつながるきっかけになればと思います。気付けば何かと自粛が増えた日々ですが、ピンチはチャンス、「今やらねば」、「俺がやらねば」の心持ちで頑張っていきたいですね。


ということで私もこれから毎日、いや毎週、いやできるだけ頻繁にごにょごにょ・・・更新していきますのでよろしくお願いします。


富永

高齢化社会の裁判


 

80代のかたの刑事裁判がありました。
犯罪事実は道路交通法違反(酒気帯び運転)です。

打合せを3度行ったのですが、うち2度補聴器の調子が悪く、本番での調子が心配されました。事前に裁判所から連絡があり、補聴器を用意しましょうかとのこと。刑事裁判なので、裁判所はどちらかというと「お上」として振る舞うことがおおく、被告人に対するこのような配慮ははじめてでした。
当日、案の定、ご本人持参の補聴器は調子が悪い。裁判所が用意した補聴器のお世話になりました。しかしながら・・・

刑事事件は、民事事件と異なり、文字どおり「口頭」弁論です。
被告人本人であることを確認する人定質問にはじまり、起訴状の朗読、罪状認否、冒頭陳述、検察側証拠の朗読など、すべて「口頭」でおこなわなければなりません。
被告人のかたは、聞こえにくいのか、説明がむずかしいのか、ときどき芳しい回答をされません。
その都度中断して、書面を示しながら、起訴状、冒頭陳述、検察側証拠の内容をひとつひとつ確認しました。

いちばんハラハラしたのは自宅から事故現場までの走行経路の確認作業。
自宅をでて、これこれの道路を経て、スーパー○○の前で事故を起こしましたよね?
と確認するのですが、なかなか肯定されません。しばらくしてようやく納得されました。5分ほどだったのでしょうが、一時間にも感じられました。

検察側立証のあとは、弁護側立証。
しめくくりは被告人質問。
いつもは検察官の厳しい反対尋問がまっています。
しかし、この日は特になし。
検察官の人間的な対応にほっとしました。

即日結審、即日判決でした。
このこともあり得ない対応ではありませんが、高齢の被告人がなんども裁判所まで出かけてこなくてよいようにする、判決までの期間の心労を軽減するなどの配慮があったと思います。
なかでも初めての経験は、裁判官がまず紙に主文を記載して(よみがなつき)被告人に交付し、そのうえで判決の言渡しをしたことです。
被告人を懲役10月に処する、この裁判確定の日から3年間この刑の執行を猶予する・・・

憲法31条は適正手続主義を掲げています。これは被告人の尊厳を保障し、刑事手続の主体として遇するということです。
手続の理解が難しい被告人には、それが理解できるよう最大限の配慮が必要であると考えます。高齢化社会がますます進むにつれて、このような配慮が必要になってくるでしょう。





空き家対策

 


 適切な管理がおこなわれていない空家が全国で820万戸もあり(平成25年)、地域住民の生活環境に深刻な影響を及ぼしているとして、平成26年、空家等対策の推進に関する特別措置法が制定されました。
 各自自治体でも対策協議会を設置するなどして対策を進めています。
 われわれも仕事柄、その対策に協力することがすくなくありません。
 今般もそうした依頼に応え、相続人を調査し、遺産分割協議をまとめて当該物件売却につなげ、空家対策に貢献することができました。