2018年2月15日木曜日

ナイスな打ち返し


(燕岳東面)

 きのうは民事裁判の証人尋問だった。
 事案は,遺産預金のなかから故人の生前の治療費を精算したところ,その精算は認めないとして,同金員の返還を求められたもの。つまり,こちら側が被告事件である(よく誤解があるが,民事の被告は訴えられた側という以上の意味はない。刑事事件のような容疑を受けているのとはちがう。)。

 原告2人,被告2人の4人の尋問で計4時間の長丁場だった。
 被告のうち1人はアラ70の女性。
 尋問前から,頭がまっしろになって立ち往生したらどうしようと本人も心配し,当職もあやぶんでいた。

 ところが,フタをあけてみると,案ずるより産むがやすし。当職の主尋問に対してしっかりした供述をされた。

 問題は,つづいておこなわれる相手方弁護士による反対尋問。
 これまたしっかりした受け答え。事前の心配がなんだったのかと思える充実の時間だった。

 原告側の主張の要点は,上記治療費は,故人によってすでに精算されていたのではないかということ。関連して,当方が立て替えた金員の出所も争点となった。

 その出所の一部がタンス預金だという当方の主張・供述に対し,相手方弁護士から追求がおこなわれた。

 相弁:いったいそのタンス預金はどこに保管していたのですか?
 当方:夫にわからないところに保管していました。
 相弁:だから,それは具体的にはどこですか?
 当方:いやです。それは教えられません。
 相弁:いや,答えてください。
 当方:藏です。
 相弁:・・・・。
 当方:冗談です。
 (法廷内,爆笑)

 30年以上弁護士をし,100回以上は証人尋問をしている。けれども,これほどナイスな打ち返しははじめて。
 このような顧客のサポートをすることができて誇りに思った。

 次回までに裁判所から和解案が示される予定である。
 結果はどうあれ,当職の尋問については,顧客さまにはたいそう満足していただいた。
 つかれたけれど,充実の1日であった。

2018年2月13日火曜日

ボードゲーム研究会


         (合戦沢の頭から槍ヶ岳)
  
 事務所の有志で,ボードゲーム研究会をたちあげました。
 略してボー研です。
 研究会といっても,ゲームを楽しむだけの同好会です。

 仕事が終わってから,店屋もので夕食をしてメンバー4~5人でゲームをやります。
 まずは「カルカソンヌ」をやりました。
 ざっくり言って,陣取りゲームです。
 1回目はルールを覚えるのがやっとのことでした。
 2回目は近日開催予定です。

 ボードゲームは隠れたブームらしい。
 たしかに大人でも楽しめるし,ワクワクします。

 産休中の事務局から『放課後さいころ倶楽部』というマンガがあることをききました。さっそく読んでみました。高校生女子が友だちたちとボードゲームをはじめる話です。まさに,という感じ。さっそく購入して,ボー研の教科書にしました。

 子どものころからボードゲームは大好きでした。子育て中は子どもたちと毎晩のようにやりました。なんにでも夢中になりやすい性分です。
 他のゲームにも手をひろげて,ずっと続けられるといいなぁと思います。

 ビジョナリーカンパニー(同友会,神戸全研)


 先週の木・金曜は,神戸で中小企業家同友会の全国研究集会でした。
 1日目は分科会,2日目は全体会でした。

 分科会は広島同友会が主催する「ビジョン経営に基づく終身雇用と人材育成」。

 同友会では,経営理念を中心とする計画経営を推奨してきました。近時,経営理念のつぎに10年ビジョンを策定することを推奨するようになっています。

 人が生き甲斐,働きがいをもって生き生きと働くには,ワクワクするようなビジョンが必要だと思います。もちろん給与や働きやすい職場環境も必要です。しかしながら,将来に対する夢や希望がなくては毎日が味気なくなってしまいます。

 わくわくするような10年後の姿を描いていきたいと思いました。

2018年2月1日木曜日

 意味・意義ある人生を生きるために(中小企業家同友会役員研修大学)


         (燕岳・合戦尾根から雪麗)

 きのうは中小企業家同友会の役員研修大学第5講でした。
 わたくし浦田がその報告者をつとめました。
 昨年4月まで,同友会筑紫支部の支部長をつとめたので,その経験と学びの報告でした。

 同友会はたくさんの活動をしています。私はその活動のひとつひとつについて意義や意味を確かめることの重要性を話しました。いつもやっていることだからとか,誰かから命じられたからとかいう浅い理由でやるのでは意味がないし効果もうすいものです。

 意味・意義を見出すことの重要性について,4人の石工の比喩があります。石工になぜ作業をしているのか尋ねると,1人目は,お金を稼ぐためと答えました。2人目は,腕のいい職人になるためと答えました。3人目は,大聖堂を建てるためと答えました。4人目は,みんなの心のよりどころをつくるためと答えました。さて,どの石工の作業が意味がある仕事,意義がある仕事でしょうか?やることは同じなのに,本人の捉え方の深浅しだいで,こうも意味・意義が変わってしまいます。

 われわれの仕事も同じでしょう。同友会活動も同じはずです。もっと言えば,人生そのものも,意味にみちた意義おおき人生のほうが幸せに違いありません。

 どれだけの方にどれだけ理解していただいたかは分かりません。が,少なくとも,私にとって学びおおい,意義ある時間であったことは間違いありません。