2019年1月18日金曜日

松と梅のめでたさ


 成人式は能楽師・今村嘉太郎さん主催の能楽新春コンサートにいってきました。新年を言祝ぎ,とても晴れやかで楽しい会でした。

 演目は,『高砂』,『老松』,『東北』など。いずれも松や梅がでてきて目出度い,新年の門出にふさわしいもの。江戸城では正月,必ずこの3曲を演っていたそうです。

 『高砂』は結婚式の定番なので,みなさんご存知でしょう。相生の松によせて夫婦愛と長寿を愛で人生を言祝ぐめでたい曲です。ワキは九州阿蘇宮の神官ですから,九州とゆかりがあります。舞台は播磨国の高砂の浦。高砂の松と住吉の松の精がでてきます。松は冬でも枯れず緑であることから,人は古来,その生命力に憧れ,あやかりたいと考えてきたんですね。

 『老松』は,地元太宰府ゆかりの曲です。福岡県民ならずとも,大宰府にながされた菅原道真公を追って京都から飛んできた「飛梅」の話はご存知でしょう。天満宮のむかって右手にいまも花を咲かせていますね。昨日書いた原田マハさんのトークショーにでてきた猫の名も「飛梅太」でした。飛梅の話にはつづきがあって,松がそのあとを追ってきたのです。その名も「追松」。曲名では『老松』となっていますが,「追松」と表記したほうがもとの話とあいやすい。高砂は松と松のカップルでしたが,この曲では梅と松のカップルです。梅もまた冬のさなかに,他の花に先駆けて花を咲かせるので,生命力,さきがけとしての魅力,凛とした姿勢,希望などを感じさせます。松ととも古来愛されてきたゆえんでしょう。

 『東北』(「とうほく」ではなく,「とうぼく」と読むそうです。)は,前2曲とちがい,九州とのゆかりはありません。筆者はむかし岸和田に住んでいたのですが,そちらとゆかりがあります。岸和田はむかし和泉国と呼ばれていました。百人一首のなかに,和泉式部という女流歌人がいることはご存知でしょう。式部は夫が和泉守だったことから,和泉式部と呼ばれるようになったそうです。岸和田には「和泉式部ゆかりの恋の淵」なるものがあります。

 さて式部は,これまた有名な中宮彰子につかえていました。藤原道長の娘で,『源氏物語』を書いたことで有名な紫式部もつかえていました。道長の没後,彼が建立した法成寺の東北に建てられたのが東北院です。その庭には,和泉式部が手植えした梅があります。その名は「軒葉の梅」。

 謡曲『東北』には和泉式部の霊が現れます。式部は歌舞の菩薩になっています。生前の思い出を語り,和歌の徳,仏教のありがたさを説いて舞をまいます。

  あらざらむ この世の外の 思ひ出に
        今ひとたびの 逢ゆこともがな

                           和泉式部

2019年1月17日木曜日

原田マハさんトークショー


 吾輩も猫であるにゃ。名前はもうあるにゃ。飛梅太というにゃ。
 これまで,どこで生まれたかにゃんとも検討もつかなかったにゃ。にゃんでも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶していたにゃ。
 きょう作家の原田マハさんのトークショーにいってみたところ,吾輩の出生にまつわる秘密がすべてわかったにゃ(写真の本を読めば,吾輩の出生の秘密がすべてわかるにゃ)。
 吾輩のことが語られるのを聞いてちょっぴり恥ずかしかったが,ユーモアたっぷりのトークショーで楽しかったにゃ。
 南無阿弥陀猫南無阿弥陀猫。ありがたにゃありがたにゃ。

2019年1月10日木曜日

年末年始の八ヶ岳(赤岳,横岳,硫黄岳)縦走②


(八ヶ岳・赤岳)

 雪山に登るというと,あぶないからやめたほうがいいという人がおおいです。ご忠告はありがたくいただきます。

 ですが,雪山の景色はほんとうにすばらしい。これを見ないではいられないほどのものです。

 というわけで,赤岳で初日の出を拝んでから,天望荘のほうに一度戻ります。そこから地蔵尾根の分岐をへて,横岳にむかいます。

 日の岳の登りはかなり角度のある雪面になっています。また鉾岳は西側の雪面を巻いていきます。いずれも転落・滑落すると危ないところです。そこをアイゼンとピッケルを蟹のように使って通過していきます。

 雪山もコースどおりにいけば多くの人が行けるところです。でも道迷いをするとリスクが高まります。落ち着いたコース判断が必要です。

 横岳のくだりは岩稜帯になっていて下りルートを間違えました。すぐに気付いて事なきをえました。

 そこから先は「大だるみ」といって大きなお鉢のふちをまわるようなところです。北西風がきびしく吹きつけ,左頬が痛い。ときどきあたためながら硫黄岳への長い坂をのぼります。

 その間,富士山,北,中央,南アルプス,北八ヶ岳・蓼科山,浅間山など名だたる山々の雪景色がパノラマのよう楽しめ,それが刻々と変化していきます。その美しさに心洗われました。

2019年1月9日水曜日

年末年始の八ヶ岳(赤岳,横岳,硫黄岳)縦走


        (八ヶ岳の赤岳から富士山を望む)

 年末年始,八ヶ岳の赤岳から横岳をへて硫黄岳まで縦走してきました。
 赤岳天望荘に泊まり,初日の出は赤岳山頂から拝しました。

 八ヶ岳は通年で営業している小屋が多く,冬期でも天候がよい日がおおいので,冬期でも登りやすい山です。とりわけ年末年始は赤岳天望荘という稜線上にある小屋も営業していて心強いです。

 茅野駅からバスで美濃戸口へ,そこから歩いて赤岳鉱泉まで行き,宿泊です。足慣らしのつもりで硫黄岳の坂を登っていたら,途中から神奈川の人といっしょになり山頂まで登ってしまいました。

 翌日は暗いなか出発し,行者小屋,分三郎道を経て赤岳山頂へ。すこしくだったところに天望荘があります。そこで宿泊。すこし時間があったので翌日の横岳まで偵察にいきました。その夜は大晦日ということで,ゲーム大会がひらかれました。

 翌朝も早起きして朝食。山小屋だけど,おせち料理がでました。6時40分ころ日の出なので,いそいで支度して赤岳をのぼりかえしました。山頂からは写真のとおり見事な富士山を拝むことができました。

2019年1月7日月曜日

2019年 謹賀新年



 新年あけましておめでとうございます。
 2019年のはじまりです。
 
 ことしは亥年ですね。
 亥年生まれの人は,辛抱強く根性があり,自我をしっかりもって自分の意見をはっきり述べ,なにごともしっかりとやりとげる。お人好しでさっぱりしている。他方,頑固で他人の忠告を聞かず,神経質で心配性,あきっぽい。でも,友人はおおいんだそうです。
 どうでしょう?当たっていますか?

 ちくし法律事務所には亥年生まれのメンバーが4人います。
 さて誰と誰でしょう?

2018年12月27日木曜日

篠栗八八箇所めぐりと若杉山


(不動明王)

 先週土曜日は所属している山歩き会の本年の納会でした。
 ことしも仰烏帽子,上福根,寂地,十種ヶ峰,宗像四塚縦走,宝満~若杉縦走,剱岳・立山周回,黒岳など盛りだくさんな山歩きでした。

 最後の山歩きは,篠栗八八箇所めぐりの一部と若杉山でした。

 JR城戸南蔵院駅から出発して,薄暗い道をたどり,7番,65番,83番,63番,29番,64番,26番の札所をへて若杉山頂をめざします。

 真言宗の流れで,江戸時代にまず四国八八箇所お遍路が盛んになり,それを受けついで篠栗八八箇所めぐりが整備されたようです。

 どの札所にも不動明王さんが炎を背景ににらんでありました。昔の人は恐怖をおぼえたでしょうが,先月京都の曼殊院で黄不動を拝んだばかりでったので親しみがわきました。

 四王寺山にも三十三体の石仏めぐりがありますが,おなじころに整備されたものでしょうか。

 きょうの山歩き,1年の山歩き,家族の幸せ,ちくし法律事務所の発展,日本と世界の平和を祈りました。このごろは通りいっぺんではなく,心から祈るようにしています。

 若杉山は標高が低いので楽勝かと思いきや,階段がおおく,ハイスピードで登ったので,けっこう疲れました。
 ようやく山頂。変な天気で,博多のほうは雨雲がかかり,若杉山から東のほうは晴れていました。
 山頂では,博多駅で購入した牛ステーキ弁当を食べました。メンバーから分けてもらった蜜柑のおいしかったこと。

 昼食後は奥の院をめぐりました。雨後ということで滑りやすく気をつかいました。

 太祖宮上宮のところから急な階段を下山し,ウッドチップを敷き詰めた林道をとおって大和の森巨木探索路に至る。七又杉,大和の大杉,綾杉を嘆賞しつつ悠久の歴史にしばし思いをはせます。

 楽園では空がぬけた開放感をあじわい,あとは階段状の登山道をダラダラと下り。若杉の湯の露天風呂で疲れを癒したあとは,さあ宴会です。来年の山行計画など会話を楽しみながら,おいしい酒肴に夜が更けていきました。

2018年12月26日水曜日

養育費がゼロに


(西穂独標から見たジャンダルムと奥穂)

 離婚する際,未成年者の子がいる場合,その親権者を父母どちらにするのか,養育費をいくらにするのかを決めます。

 未成年の子の親権者をだれにするのかは,子どもの幸せになるのはどちらかという観点から決められます。子どもが小学校の高学年になり,自分の意見をもつことができるようになれば,子どもの意見もきいて尊重されるようになります。

 養育費のほうは,いろいろ批判や見直しの動きもあるところですが,一般的には裁判所のホームページにアップされている算定表によることになります。

 子どもが成長するにつれ,当初は決めようがなかった高等教育にかかる費用や子どもの病気や交通事故の治療費など特別の出費の加算について,事後的・追加的に,話しあわれることもあります。

 親権者を母(妻)として養育費を支払っている場合に,妻が再婚したのでもう支払いをつづけなくてよいのではないかという相談を受けることがあります。

 気持ちはわかります。が,妻が再婚しただけでは養育費の支払いは免れません。妻が再婚しても,親子関係が切れるわけではないからです。

 さらに,養子縁組まで結べば,養育費を支払わなくてもよくなります。ただし,離婚の際の調停調書があるのなら,あらためて調停を申し立て,支払義務のないことを確認する必要があります。さもないと,給料の差押え等を受けるおそれがあるからです。

 以前から相談にこられた方は,調停を申し立てられましたが話がつかず,今般,審判で支払義務の取り消しがなされました。これは予想された結論なのですが,妻が話し合いに応じないため審判までなされました。
 
 もう5年ほど前の離婚なのですが,なかなか理性的にはふるまえないようですね。