2018年2月15日木曜日

ナイスな打ち返し


(燕岳東面)

 きのうは民事裁判の証人尋問だった。
 事案は,遺産預金のなかから故人の生前の治療費を精算したところ,その精算は認めないとして,同金員の返還を求められたもの。つまり,こちら側が被告事件である(よく誤解があるが,民事の被告は訴えられた側という以上の意味はない。刑事事件のような容疑を受けているのとはちがう。)。

 原告2人,被告2人の4人の尋問で計4時間の長丁場だった。
 被告のうち1人はアラ70の女性。
 尋問前から,頭がまっしろになって立ち往生したらどうしようと本人も心配し,当職もあやぶんでいた。

 ところが,フタをあけてみると,案ずるより産むがやすし。当職の主尋問に対してしっかりした供述をされた。

 問題は,つづいておこなわれる相手方弁護士による反対尋問。
 これまたしっかりした受け答え。事前の心配がなんだったのかと思える充実の時間だった。

 原告側の主張の要点は,上記治療費は,故人によってすでに精算されていたのではないかということ。関連して,当方が立て替えた金員の出所も争点となった。

 その出所の一部がタンス預金だという当方の主張・供述に対し,相手方弁護士から追求がおこなわれた。

 相弁:いったいそのタンス預金はどこに保管していたのですか?
 当方:夫にわからないところに保管していました。
 相弁:だから,それは具体的にはどこですか?
 当方:いやです。それは教えられません。
 相弁:いや,答えてください。
 当方:藏です。
 相弁:・・・・。
 当方:冗談です。
 (法廷内,爆笑)

 30年以上弁護士をし,100回以上は証人尋問をしている。けれども,これほどナイスな打ち返しははじめて。
 このような顧客のサポートをすることができて誇りに思った。

 次回までに裁判所から和解案が示される予定である。
 結果はどうあれ,当職の尋問については,顧客さまにはたいそう満足していただいた。
 つかれたけれど,充実の1日であった。

2018年2月13日火曜日

ボードゲーム研究会


         (合戦沢の頭から槍ヶ岳)
  
 事務所の有志で,ボードゲーム研究会をたちあげました。
 略してボー研です。
 研究会といっても,ゲームを楽しむだけの同好会です。

 仕事が終わってから,店屋もので夕食をしてメンバー4~5人でゲームをやります。
 まずは「カルカソンヌ」をやりました。
 ざっくり言って,陣取りゲームです。
 1回目はルールを覚えるのがやっとのことでした。
 2回目は近日開催予定です。

 ボードゲームは隠れたブームらしい。
 たしかに大人でも楽しめるし,ワクワクします。

 産休中の事務局から『放課後さいころ倶楽部』というマンガがあることをききました。さっそく読んでみました。高校生女子が友だちたちとボードゲームをはじめる話です。まさに,という感じ。さっそく購入して,ボー研の教科書にしました。

 子どものころからボードゲームは大好きでした。子育て中は子どもたちと毎晩のようにやりました。なんにでも夢中になりやすい性分です。
 他のゲームにも手をひろげて,ずっと続けられるといいなぁと思います。

 ビジョナリーカンパニー(同友会,神戸全研)


 先週の木・金曜は,神戸で中小企業家同友会の全国研究集会でした。
 1日目は分科会,2日目は全体会でした。

 分科会は広島同友会が主催する「ビジョン経営に基づく終身雇用と人材育成」。

 同友会では,経営理念を中心とする計画経営を推奨してきました。近時,経営理念のつぎに10年ビジョンを策定することを推奨するようになっています。

 人が生き甲斐,働きがいをもって生き生きと働くには,ワクワクするようなビジョンが必要だと思います。もちろん給与や働きやすい職場環境も必要です。しかしながら,将来に対する夢や希望がなくては毎日が味気なくなってしまいます。

 わくわくするような10年後の姿を描いていきたいと思いました。

2018年2月1日木曜日

 意味・意義ある人生を生きるために(中小企業家同友会役員研修大学)


         (燕岳・合戦尾根から雪麗)

 きのうは中小企業家同友会の役員研修大学第5講でした。
 わたくし浦田がその報告者をつとめました。
 昨年4月まで,同友会筑紫支部の支部長をつとめたので,その経験と学びの報告でした。

 同友会はたくさんの活動をしています。私はその活動のひとつひとつについて意義や意味を確かめることの重要性を話しました。いつもやっていることだからとか,誰かから命じられたからとかいう浅い理由でやるのでは意味がないし効果もうすいものです。

 意味・意義を見出すことの重要性について,4人の石工の比喩があります。石工になぜ作業をしているのか尋ねると,1人目は,お金を稼ぐためと答えました。2人目は,腕のいい職人になるためと答えました。3人目は,大聖堂を建てるためと答えました。4人目は,みんなの心のよりどころをつくるためと答えました。さて,どの石工の作業が意味がある仕事,意義がある仕事でしょうか?やることは同じなのに,本人の捉え方の深浅しだいで,こうも意味・意義が変わってしまいます。

 われわれの仕事も同じでしょう。同友会活動も同じはずです。もっと言えば,人生そのものも,意味にみちた意義おおき人生のほうが幸せに違いありません。

 どれだけの方にどれだけ理解していただいたかは分かりません。が,少なくとも,私にとって学びおおい,意義ある時間であったことは間違いありません。

2017年12月26日火曜日

法定利率(2)~民法改正,筑紫野市の弁護士の解説(4)


              (宝筺院)

 高利貸しに関しては,まず,暴利行為として公序良俗(民法90条)違反により無効だとする判例があります。いわゆるヤミ金による貸金が暴利行為として無効であるのはこのためです。さらに,ヤミ金からの借金は不法原因給付として返済不要でもあります。

 つぎに,高利貸しは,いろいろな潜脱方法が考えられてきました。古くは芸娼妓契約に関する判例があります。親がまず借金をします。この借金を娘が芸者・娼妓として働いた賃金のなかから返済するという契約です。別々に考えれば,ありそうな契約です。が,実態は人身売買であり,公序良俗違反により無効です。

2017年12月21日木曜日

『熊野』


              (祇王寺)

 写真は祇王寺の庭です。竹林と広葉樹が接しています。竹林は嵯峨野らしいですし,紅葉も小倉山らしい。両方のハイブリッドです。祇王寺の名前は平家物語にある祇王の悲しい話に基づいています。祇王は平清盛に寵愛された白拍子でした。あるとき飛びこみ営業にきた仏御前に情けをかけたことから追い出されることになりました。嵯峨野で出家・隠棲しますが,清盛からさらなる辱めをうけます。世をはかなんで仏事にはげんでいたところ,仏御前がたずねてきて和解します。寺は,このような祇王や仏御前らの像などをつたえています。

 先日,能を鑑賞する機会がありました。大濠能楽堂で。知人のご招待です。演目は『熊野』。これを「くまの」と読んだら,能の知識がないこを暴露することになります。「ゆや」と読みならわしています。熊野は宗盛の愛妾の名前で,能の主役・シテです。

 この謡曲のもとネタはやはり平家物語で,「街道下」の巻のなかにあります。
 一の谷で捕らわれた平家の重衡が鎌倉に連行される途中のエピソード。重衡は単なる戦争犯罪人というだけでなく,奈良の東大寺などを焼き討ちした重大犯罪人であり,鎌倉では死刑を言い渡されることが見込まれています。

 道中池田の宿で,重衡は,熊野と宗盛の由緒をきかされます。ときは平家の全盛期,東国(池田の宿)に住む母が病気になったので帰りたいと熊野が申し出たにもかかわらず,宗盛はこれを許しません。そのとき,熊野が詠んだのがこの和歌。

  いかにせん 都の春も 惜しけれど
          馴れし東の 花や散るらん

 この和歌はこれだけで平家の貴公子・重衡の境遇に照らし,涙をさそうものがあります。

 でも,この和歌で詠まれ,花や散るらんと心配されているのは病気の母のことです。作者はこのエピソードをふくらませて,『熊野』の世界をつくりあげています。京都,清水寺に至る春爛漫の情景,それが華やかであればあるだけ熊野の内心の苦悩がいっそう際立つという構成です。
 見事というほかありません。 

2017年12月19日火曜日

法定利率(1)~民法改正,筑紫野市の弁護士の解説(3)


         (嵯峨菊,大覚寺門外不出の)

 利子・利息。
 これほど庶民を苦しめてきたものはないと思われます。

 古くは出挙(すいこ)。日本史の教科書にでてきました。
 古代の貸付けの一種。公私2種あり,公出挙と私出挙です。公出挙は,春,国司(いまの県知事)が官稲を貸し与えたもの。秋の収穫のときに3~5割の利息をつけて返納しなければなりませんでした。つまり,春に米1キロを借りて秋に米1.5キロを返すということです。約半年の利息ですから,年利に換算すると60~100%になります。当初,勧農,救貧が目的であったものが,後には,貸付けも強制的になり,税となったとか。私出挙は営利目的で,利息は10割だったとか。つまり,年利200%です!

 中高校生のときこれを読んでも,文字づら以上のことはわかりませんでした。しかし,いまならわかります。むちゃくちゃ高利だったんだなぁと。

 いまなら「利息制限法」という法律があります。これによれば,次のとおり利息が制限されています。
 金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約は,その利息が次の利率(単利)により計算した金額を超えるときは,その超過部分につき無効です(法1条1項)。
 ・元本が10万円未満の場合,年20%
 ・元本が10~100万円未満の場合,18%
 ・元本が100万円以上の場合,15%

 「利息制限法」は民事上の制限ですが,さらに「出資の受入れ,預り金及び金利等の取締りに関する法律」(出資法と略します。)があり,同法は年109.5%を超える金利について犯罪であるとして刑事罰の対象にしています。

 高利貸しという言葉があります。まるで蛇蝎のようなイメージです。古代においては国からして,いまなら犯罪になるような高利貸しだったわけです。当時の農民はたいへんだったでしょうね。