2019年2月15日金曜日

顧客さまから必要とされるには?


 昨2月14日夕はバレンタインデーだったので,女子と高級フレンチ・・・といきたかったのですが,福岡県中小企業家同友会筑紫支部の2018年度2月例会でした。
 時間は午後6時から9時まで,場所は,筑紫野市生涯学習センター。
 テーマは「顧客さまから必要とされるには」です。

 いつもは報告者がひとりで自社・自分の経営体験を報告,グループ討論し,そのなかで参加している各経営者が自社の経営にひきくらべて気付きを得,それを自社に持ち帰って,自社の経営に活かすのが例会です。

 今月は目先が変わって,パネルディスカッションでした。単線的な報告とちがい,複線的,立体的な報告と議論により,引き込まれるとともにいつもより分かりやすいところもありました。

 パネラーは麻加販売の代表者武部健好利氏,(株)駿河コーポレーションの代表取締役塘之口守氏,(株)新日本観光の後継者由利圭吾氏で,ファシリテーターはエナジーサポート九州(株)の代表取締役山本倫孝氏。作業服の小売業,事業所・工場等の床のメンテナンス業,観光業,教育業など業種・業態はさまざまです。

 その上で,それぞれ「顧客さまから必要とされるには何が必要ですか?」という問いに答えをだすべく討論しました。

 当ちくし事務所としては,地域に根ざして顧客さまの信頼と安心が得られるよう努力し,個別事件について顧客さまのご要望を踏まえつつ,できるだけタメになる解決を追求することかなと考えました。

2019年2月14日木曜日

エビのしっぽの鉢盛


 エビのしっぽ,ご存知でしょうか?
 写真に写っているエビフライのしっぽ様のものがそうです。
   このように鉢盛状になっているのは珍しい。

 雪山で見ることができます。風の強い稜線上などにおおいです。

 さて問題です。写真のばあい,どちらが風上(北西方向)でしょうか?

 感覚的にはむかって左側が風上と思われるのではないでしょうか。でも違います。右側が風上です。

 なぜならそうなるのか。それにはエビのしっぽのできあがりかたが関係しています。

 エビのしっぽは風(空気)の中にふくまれている雪や水分が岩などに付着し,それが積み重なることによって成長していきます。

 コンデンスミルクで食べるとおいしいらしいです。いちどいかが。
 

雪の木曽駒ヶ岳


(千畳敷カール)

 連休は,中央アルプスの最高峰,木曽駒ヶ岳に登りました。
 もちろん雪山です。雪山装備とそれなりの経験がなければ登れません。

 といっても千畳敷カールまでは,麓のしらび平からロープウェイで7分でいけます。カールとは写真のようにお椀のような地形のことをいいます。氷河が岩を削ってできたものです。

 夏はいちめんの御花畑ですが,冬はいちめんの銀世界です。
 それを見ながら,雪解け水でいれたコーヒーを一杯いかが。

2019年2月5日火曜日

顧問会社のプレバト新年会


(あんみつ姫のショー)

 顧問弁護士の依頼を受けている会社に招待されて新年会に参加しました。あんみつ姫をかりきっての新年会でした。

 あんみつ姫側と同社の社員がコラボしてダンスを披露する一幕からスタートしました。仕事の合間によく練習できたものだと思います。舞台で踊るプレッシャーははんぱなかったでしょう。

 関与する企業や地域の団体から招待をうけて新年会に参加することがよくあるのですが,このような新年会は初めて。

 夏井いつき先生が講評されれば,発想の飛ばしかたが素晴らしいとコメントをいただけたと思います。

2019年1月29日火曜日

奈良大宮ロータリークラブ創立40周年式典


(奈良ホテル)

 奈良大宮ロータリークラブのご招待で創立40周年式典に参加しました。
 太宰府ロータリークラブとは友好クラブの関係にあります。
 1985年からのおつきあいです。

 奈良県にある日本百名山で世界遺産の大峰山登山にお誘いいただいたのも同クラブの山歩き会のみなさま。
 山登りのときに,みなさんが楽しげに屋久島や利尻に登った経験を話されていました。
 触発されて日本百名山をめざすことになり,達成することができました。ありがたいご縁です。

 太宰府ロータリークラブの会場は大丸別荘ですが,奈良大宮ロータリークラブの会場は奈良ホテルです。「西の迎賓館」と呼ばれるだけあって,重厚なたたずまいに背筋がのびます。

 獅子舞が40周年のめでたさを言祝いでくれました。

2019年1月18日金曜日

松と梅のめでたさ


 成人式は能楽師・今村嘉太郎さん主催の能楽新春コンサートにいってきました。新年を言祝ぎ,とても晴れやかで楽しい会でした。

 演目は,『高砂』,『老松』,『東北』など。いずれも松や梅がでてきて目出度い,新年の門出にふさわしいもの。江戸城では正月,必ずこの3曲を演っていたそうです。

 『高砂』は結婚式の定番なので,みなさんご存知でしょう。相生の松によせて夫婦愛と長寿を愛で人生を言祝ぐめでたい曲です。ワキは九州阿蘇宮の神官ですから,九州とゆかりがあります。舞台は播磨国の高砂の浦。高砂の松と住吉の松の精がでてきます。松は冬でも枯れず緑であることから,人は古来,その生命力に憧れ,あやかりたいと考えてきたんですね。

 『老松』は,地元太宰府ゆかりの曲です。福岡県民ならずとも,大宰府にながされた菅原道真公を追って京都から飛んできた「飛梅」の話はご存知でしょう。天満宮のむかって右手にいまも花を咲かせていますね。昨日書いた原田マハさんのトークショーにでてきた猫の名も「飛梅太」でした。飛梅の話にはつづきがあって,松がそのあとを追ってきたのです。その名も「追松」。曲名では『老松』となっていますが,「追松」と表記したほうがもとの話とあいやすい。高砂は松と松のカップルでしたが,この曲では梅と松のカップルです。梅もまた冬のさなかに,他の花に先駆けて花を咲かせるので,生命力,さきがけとしての魅力,凛とした姿勢,希望などを感じさせます。松ととも古来愛されてきたゆえんでしょう。

 『東北』(「とうほく」ではなく,「とうぼく」と読むそうです。)は,前2曲とちがい,九州とのゆかりはありません。筆者はむかし岸和田に住んでいたのですが,そちらとゆかりがあります。岸和田はむかし和泉国と呼ばれていました。百人一首のなかに,和泉式部という女流歌人がいることはご存知でしょう。式部は夫が和泉守だったことから,和泉式部と呼ばれるようになったそうです。岸和田には「和泉式部ゆかりの恋の淵」なるものがあります。

 さて式部は,これまた有名な中宮彰子につかえていました。藤原道長の娘で,『源氏物語』を書いたことでも有名な紫式部もつかえていました。道長の没後,彼が建立した法成寺の東北に建てられたのが東北院です。その庭には,和泉式部が手植えした梅があります。その名は「軒端の梅」。

 謡曲『東北』には和泉式部の霊があらわれます。式部は歌舞の菩薩になっています。生前の思いでを語り,和歌の徳,仏教のありがたさを説いて舞をまいます。

  あらざらむ この世の外の 思ひ出に
        今ひとたびの 逢うこともがな

                       和泉式部

2019年1月17日木曜日

原田マハさんトークショー


 吾輩も猫であるにゃ。名前はもうあるにゃ。飛梅太というにゃ。
 これまで,どこで生まれたかにゃんとも検討もつかなかったにゃ。にゃんでも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶していたにゃ。
 きょう作家の原田マハさんのトークショーにいってみたところ,吾輩の出生にまつわる秘密がすべてわかったにゃ(写真の本を読めば,吾輩の出生の秘密がすべてわかるにゃ)。
 吾輩のことが語られるのを聞いてちょっぴり恥ずかしかったが,ユーモアたっぷりのトークショーで楽しかったにゃ。
 南無阿弥陀猫南無阿弥陀猫。ありがたにゃありがたにゃ。