2012年2月3日金曜日

縁の行者 by.山歩きの好きな福岡の弁護士



 きょうは節分ですね。
 節分とは、季節を分けること。

 つまり、季節の始まりの日の前日のこと。
 つまり、明日は、立春です(なので、雪よ、やめ!)。

 季節の変わり目には邪気(鬼)が生じるんですね。
 (たしかに、風邪をひきやすい)

 それを追い払うために
 悪霊ばらいの行事が必要なわけです。

 ふつうは豆まきですね。
 「鬼はそと!福はうち!」

 鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払います。
 なぜなら、マメ=魔滅だから(あはは)。

 でも福岡県の太宰府市や筑紫野市あたりは
 ほんとうなら豆まきはしなくてもいいくらいです。

 なぜならまず
 フクオカケン=「福多かけん」だから(あはは)。

 それからさらに太宰府市や筑紫野市は
 北東の方角を竈戸神社が守っているから。

 鬼は北東=丑虎(うしとら)の方角からやってくるんですね。
 だから、鬼は牛の角をもち、虎のパンツをはいています(あはは)。

 ほんとうですよ!京都と比叡山・延暦寺の関係もおなじ。
 大宰府(都府楼)もこれにならったわけです。

 延暦寺をつくった伝教大師・最澄も
 唐にわたる前に、宝満山で修行をしています。

 中宮跡から男道をいくと、すぐ左手に羅漢道がわかれ
 そこをいくと、伝教大師が修行した窟があります。

 というわけで、霊験あらたか。
 ですが、念のため、豆まきをすることまでは止めません。

 さて、宝満山は「婚活パワースポットだった!」シリーズも
 きょうで、いよいよ最終回。

 中宮跡から石段方向へくだらないで
 ちょっと左手にいくと行者道があります。

 行者道をくだると鳥越(鳥追)峠に出ます。
 そこをまっすぐに登りかえすと、愛嶽山(おたけさん。432m)。

 愛嶽神社の祠があって、左手(向かって右)に
 役行者(えんのぎょうじゃ)の石像が写真のとおり。 

 本名は役小角(えんのおづの)。
 飛鳥時代から奈良時代に実在した呪術者。

 修験道の開祖。葛城山・金剛山、熊野・大峰山などで山岳修行を重ね
 吉野(金峯)山で金剛蔵王大権現を感得しました。

 平安時代から、山岳信仰・修験道が人気となり
 役行者と呼ばれるようになりました。

 八犬伝にも登場するなど
 伝説的なパワーを発揮します。

 役≒縁なので
 彼も婚活・婚後パワーを授けてくれることでしょう。

 ちなみに、わが事務所では、私の担当事務局になると
 結婚か出産かのご利益があるという伝説があります。

 これまで担当になった事務局は担当期間中に
 ほぼみな結婚か妊娠をしました。 

 おそらく私が宝満山に登ることによって
 宝満山のパワーをなにがしか持ち帰っているためでしょう。

 4月から異動があるのですが
 どうやらその期待もあるようです。
 
 かくてまた
 宝満山に登らねば!(うふふ)

              ちくし法律事務所 弁護士 浦田秀徳

0 件のコメント:

コメントを投稿